昔の人たちが築いたアジア・アフリカの歴史を学ぼう
HOME > アフリカ史

アフリカ史

世界史において、アジアと並んで重要なのがアフリカだ。イスラームやヨーロッパに多くの奴隷を輸出し、長い間植民地とされてきたアフリカの歴史を学ぶことは、世界の歴史を知る上で欠かせないものである。

クルシュ王国の成立、イスラーム拡大へ

紀元前9世紀ごろナイル川を用いた交易によって生まれた富でクシュ王国が成立。最も古い黒人王国でメロエ文字という文字も持ってい...

イスラームへの奴隷と黒人王国

マリ王国がつぶれた後、15世紀に建てられたのがソンガイ王国。金と塩の交易を続けるとともに黒人初の大学立建てられるなど文化の...

ヨーロッパと奴隷貿易

15世紀の末、ザイール川流域のコンゴ王国にポルトガル人が訪れ、貿易が開始された。初めはアフリカから輸出されるのは象牙などだ...

植民地化から独立へ

アフリカ分割の時に植民地にされなかったのはエチオピアとリベリアの二国。 エチオピアは1935年、イタリアの侵略により数年間支配さ...

アフリカ独立(黎明期)

アフリカの独立が本格的になったのが1950年代。北アフリカ一帯の黒人の少ないアラブ人、ベルベル人の地域でリビアやスーダン、チ...

アフリカ独立(全盛期)

1958年、全アフリカ人民会議がガーナ共和国の首都であるアクラで開かれる。ここで立てられた独立した国がほかの地域の独立運動を...

ヨーロッパからの独立達成

1970年代、アンゴラ、ギニアビサウ、モザンビークがポルトガルから独立する。原因となったのは1974年に起こったポルトガル革命。これは1...

アパルトヘイトについて

アフリカ大陸の南端のケープ植民地の辺りは17世紀以降いろいろな国の人間が入植し、1902年に南アフリカ戦争が終結すると、1910年に...

【おすすめ】

Back to TOP